どれぐらいの温度で洗顔をするのがいいのか

洗顔をする時には、冷たい水や熱いお湯よりも、ぬるま湯程度が最も適していると言われています。
顔への負担も少なくなり、洗顔石鹸の効能をしっかりと出してくれるので、ぬるま湯で洗顔をするようにしましょう。

ただ、ぬるま湯と言ってもどれぐらいの温度がいいのでしょうか。
これに関しては、顔の温度と同じぐらいの温度がベストだと言えるのです。

人間の体温は36~7度ぐらいですが、顔の温度はそれよりも少し低いことから、33~4度ぐらいが最も適した温度だと言えるかもしれません。
もちろん個人差もあるので一概には言えませんが、高くても35度ぐらいに抑えておくのが望ましいです。

さて、ここで1つ注意しなければならないのが、季節によってぬるま湯の温度を変えないようにしましょう。
35度ぐらいの温度というのは、夏は少し熱く感じるでしょうし、冬は少し冷たく感じるかもしれません。

そのため、どうしても夏はより冷たい水で、冬はより温かいお湯で洗顔してしまいがちですが、それでは意味がないのです。
どの季節であっても、常に一定の温度で洗顔をすることが大事なのです。

特に、シャワーを浴びたりお風呂に入るときに洗顔をするような人は、どうしても体を洗う時と同じ温度で洗顔してしまいがちです。
ですから、なるべく洗顔をする時は、シャワーやお風呂に入る前に済ませておくのが望ましいのです。