洗顔石鹸での洗顔の注意点とその危険性

洗顔石鹸の危険性って?

肌に優しい洗顔料として認識されている洗顔石鹸。天然成分でできており、無添加のものもたくさんあります。この洗顔石鹸にも危険な物質が含まれていたり、毎日の洗顔に使用するにあたり危険性などはあるのでしょうか?

洗顔石鹸は弱アルカリ性

洗顔石鹸はほとんどのものが弱アルカリ性です。石鹸であることの定義がアルカリ性であること、といっても過言ではありません。素肌は弱酸性です。そのためアルカリ性の洗顔料で素肌を洗うと、場合によっては大きな刺激を肌に与えてしまうことがあります。肌が健康な状態であれば、洗顔後一時的につっぱりを感じるということは多少ありますが、自然と元の弱酸性の状態に戻っていきます。その後に保湿ケアをしっかりと行えば問題はありません。しかし、皮脂バランスが著しく崩れている場合などは、激しい感想を招く等の肌トラブルを生じる可能性があります。アルカリ性の物質は、少なからず弱酸性の素肌には刺激を与えます。石鹸の泡が名に入った時に激痛を感じるのはそのためですし、石鹸の洗い残しが肌に付着していると、肌あれを起こしてしまうのはそのためです。タンパク質を溶かしてしまうほどの強力な洗浄力を持っているので、すすぎを念入りに行う等の注意が必要です。

丁寧なケアを心がけることが大切

洗顔石鹸もその他の洗顔料も使用するにあたってメリットとデメリットはつきものです。毎日のケアを怠らず、丁寧なケアを心がけることによって危険性やリスクを減らし、肌を守ってくれるスキンケア方法を成り立たせることができます。