洗顔石鹸の使用期限について

洗顔石鹸の使用期限

洗顔石鹸は天然成分でできているものですが、使用期限のようなものはあるのでしょうか。普段あまり気にしていない人も多いのではないかと思います。無添加の洗顔石鹸などは、防腐剤等も入っていないので、使用期限がどのくらいなのかとても気になりますよね。

洗顔石鹸の洗浄力が問題

洗顔石鹸には、明確な使用期限というものは存在しません。この時期までに使用しなければ使えなくなるというようなことはありません。しかし、日数が経つにつれて洗顔石鹸の洗浄力はだんだん落ちて行ってしまいます。大体製造から3年以内を目安にして洗浄力が落ちてしまうので、それまでに使用することが望ましいです。無添加の石鹸の場合はさらに洗浄力が落ちるのが早いので注意が必要です。無添加の洗顔石けんではなくても、保湿性分野美容液成分が配合されているものは、酸化しやすかったり、品質が変化しやすい場合があります。希に茶色く変色したりすることもあるので、そうなると、肌トラブルを引き起こすことにもなりかねないので使用には注意が必要です。泡が正常にたつなら洗浄力には問題はなさそうですが、顔への使用は避けたほうが無難です。洗顔石鹸は、そのほかの化粧品と同じように、開封してしまうと早くに使いきることが一番大切です。

できるだけ早く使うようにしよう

洗顔石鹸には明確な使用期限というものは定められていませんが、洗浄力の低下や品質の劣化の恐れがあるので、なるべく早く使い着ることを心がけましょう。